スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Motorsports Archive Vol.25
21520014.jpg

ニッサンR91CP & ニッサンR90CK

 前を走るマシンがR91CP、後ろを走るフロムエーカラーのマシンがR90CK。

 ニッサンR91CPはR90CPと似て非なるものである。R90CPではローラカーズが作製したシャシーを流用していたニッサンだが、このR91CPではすべてを社内で作製した。全日本スポーツプロトタイプカー選手権(JSPC)では91年星野一義の手によってチャンピオンを獲得。そして翌92年、デイトナ24時間レースに参戦する。このデイトナでは長谷見昌弘/星野一義/鈴木利男のドライブで総合優勝を飾った。純国産マシンで日本人ドライバーが優勝したこのときの走行距離は未だに破られていない。
21500011.jpg

 R90CPと大きく違うのはこのリアのインテーク。これはブレーキ冷却用ダクト。最強のマシンのブレーキを冷却するにはこのくらい必要だったというわけか。

21520018.jpg

 R90CPで目を見張ったフェンダーミラーは、ドライバー側のみドアミラータイプに変更された。ドライバー側からは見づらかったということか……。

 ニッサンR90CKはR89Cの発展型。ローラカーズで作製されたもので、世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)に参戦。ル・マン24時間レースでは予選用エンジンを搭載していたとはいえポールポジションを獲得したものの、決勝では結果を残すことができなかった。
 翌91年にはWSPC改め世界スポーツカー選手権(SWC)には参戦せず。JSPCにノバエンジニアリングの手により参戦した。92年にはR91CPと共にデイトナ24時間レースに参戦、2位を獲得した。

 
 この90~92年はまさにグループCカーの末期であった。SWCの誕生によりグループCはSWCカテゴリー2マシンとなり、重量ハンデを負わされる。SWCカテゴリー1マシンは当時のF1と同じ3.5リッターNAエンジンを搭載したマシン。当時F1に参戦していたメーカーの参戦を促したレギュレーション変更であったが、実際にF1からSWCに参戦したチームはなくSWCは92年をもっと終了してしまった。
 91年のみ特例で参戦が許されたグループC=SWCカテゴリー2マシンではあったが、ル・マン24時間レースもシリーズに組み込まれていたために、SWC全戦への参戦が義務付けられてしまっていた。ニッサンもこのことに反発するかたちで、91年のル・マン24時間への参戦は断念せざるを得なかった。デイトナ24時間の結果を見るに到り、もしもル・マン24時間に参戦できていたらと思わずにはいられなかった。
 後に最強の箱車と呼ばれたR92CPは世界の目に触れることはなかった。商業主義の大きな波に飲まれ消えてしまったグループCは、今や伝説となってしまった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。