スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Motorsports Archive Vol.16
61310018_convert_20090505000751.jpg

ジャガーXJR-11

 ル・マンを制したXJR-9の後継車となるトム・ウォーキンショウ・レーシング(TWR)作製のグループCカー。89年世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)にデビューするも熟成が進まず、最終戦には前型のXJR-9を出走させるほどだった。翌90年のWSPCでは速さを見せるものの、シーズン終盤にはニッサンの後塵を拝することもしばしば。結果シリーズ2位だったものの、メルセデスとの差はいかんともしがたいものがあった。

 このマシンは翌91年、日本のサンテックレーシングから全日本スポーツプロトタイプカー選手権(JSPC)に参戦した。

21520012.jpg

 国内選手権ではどのシリーズでもいえることだが、同じサーキットで複数回イベントが行われるが故に国内メーカー勢の強さには歯がたたなかった。またレース中にカウルに手を入れるなど、チームとしてもニッサン、トヨタと比べると雲泥の差があったといわざるを得ない。ジャガーは世界スポーツカー選手権(SWC)日本ラウンドを戦った直後のJSPC最終戦にXJR-14を投入。見事に優勝を飾ったことからも、このXJR-11がワークスで参戦していたらと思ったものだった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。