スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕日
 今まさに書き入れ時、ということで更新が滞っております。

 さて、前回絞り板を抜いて遊んでみましたが、やはり元に戻しました(笑)。トンネル効果がデカすぎるのって個人的に好きじゃないんだよねぇ。

71470018_convert_20091203221104.jpg

 夕日がキレイだ! と思わずシャッターを切ってみました。フィルムはコダック400。コダックっぽい色だなぁ(笑)。

71470021_convert_20091203221153.jpg

 こっちはいい感じですね。電線も手前にくるに従ってピンボケになってくるという。うん、なかなか。
>>続きを読む
スポンサーサイト
光の入り方?
000169680005_convert_20091127000437.jpg

く、暗い……(苦笑)。
っつーワケで狙っていけるかわかりませんが、光の入り方です。

000169680007_convert_20091127000521.jpg

キレーにレンズのかたちに合わせて入りますね。なかなかですわ。

000169680010_convert_20091127000547.jpg

狙ってできたら結構楽しいかも。
絞り板を抜いてみた
組み立てたあとの説明書に絞り板のことが書いてありますね。ってか組み立てる前に分かるようにしとけや!(笑)っつーワケで絞り板を抜いてみました。レンズ押さえを慎重に引き抜くと抜けますよ。

000169880014_convert_20091121000241.jpg

トンネル効果大きいな!

69470012_convert_20091106002008.jpg

ほぼ同じところで撮影した写真。こちらは絞り板アリです。
ピントの範囲も変わってくる。写真自体のイメージも変わってきますねぇ。
>>続きを読む
特性を掴む
つかむにはたくさんシャッターを切るってことで。
今回の写真は説明書通りに組み立て、フィルムはすべて感度400で撮影しています。

70860004_convert_20091116010331.jpg

いきなりベストショット。
大人の科学本誌にもありましたが、こういう写真が取れますね。擬似ミニチュア、チルトシフト風写真が撮影できますね。

このレンズの特徴としてまわりがボケる、っつーのがあります。それを利用すれば……うまくいけばこんな感じになります。やはり上から覗き込む構図がいいっぽいですねぇ。
>>続きを読む
究極のトイカメラ
大人の科学ってご存知ですか? ワタクシは子供の頃、子供の科学を毎月楽しみにしていたクチです(笑)。

20091113096_convert_20091114001041.jpg


で、最新の大人の科学がこれ。ふろくが「2眼レフカメラ」でございます。しかもフィルムは35mm対応。これは買わなくては、と思い即購入しました。前回の記事の写真もこれで撮影してみましたが、なかなかどうして、結構よく撮れるもんですよ。
>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。